« 2007年9月 | トップページ | 2008年1月 »

ファッションショーレポート vo.6

POISONING FASHION SHOW vo.4

LEVEL CREATION

ファッションショーレポート第六弾です(^0^)

前回は、LNSで終わったんでしたね。

次は、いよいよラストを飾るブランド、analog red storeです。

インド音楽を思わせる、暗くて、妖しくて、たまに、民族調のコーラスが入るという、独特の曲調。もろ、私好みの音楽です(^_^)そして、真っ暗な中から、パッとライトが照らされ、出てきたモデルさんたちは、目を、レースのマスクで覆っている、という、斬新な発想!!さすが、みほさん!!(デザイナー)黒、緑、白など、基本的にはダークな世界観で、ほんとに、「これぞドレス!!」って感じ。あ!でも、ドレスだけど、フェミニン調ではないよ。こればかりは、文字では説明つきません。でも、ほんとステキ!トリを務めるには、申し分がありませんでした。圧巻でした!!デザイナーのみほさんとは、友達なので、服のことなんかも少し教えてくれたんだけど、最初は、アナログのショップの服をコーディネートする、スタイリングショーにする予定だったのだけど、予定変更となり、全て、自作の服での出展となったそうです。なので、アナログのお客様も、普段は見れない服を見ることができて、感動だったと思います。

ところで、このanalog red storeは、WEB上で、お買い物もすることができますよ!!私も、ロックTシャツが欲しいー!ぜひぜひ、チェックしてみてください(^0^)

analog red store web store ←ここをクリックすると飛んでいけまーす(^_^)

ということで、全8ブランドのショーが終わったところで、エンディングソングとして、PundarikaのSynchronizationのプロモがスクリーンに映し出されたというわけです。この映像がまた、ステキで、過去のファッションショーの一部を使っているらしいのだけど、白黒で、ろうそくを持った人たちがユラユラ歩いている、というものなんだけど、これも、文字だけで読むと、なんか妖しいー?と思われるのでしょうが、曲とも合っていて、かっこよかったのよー。

そして、出演者、スタッフなどの名前がでてくるエンドロールがスクリーンに出て、これにて終了です。ここまでで、約1時間内容なんだけど、これを、1日で4公演まわしました。

でも、私自身、音響でいっぱいいっぱいだったにもかかわらず、めまぐるしく変わるお洋服たちに目を奪われ、あっという間の1日でした。楽しかったわ(^_^)

自分のライブとは違って、裏方を担当したわけだけど、事前の準備も含めて、たくさんの人の支えによって、イベントってできているんだなーと、当たり前のことながら、再確認することができました。表舞台にいるとなかなか気がつかないのよー。

ということで、ファッションショーのレポートは、これにて終了。

また、思い出したことがあったら、裏話として載せていきます(^_^)

では、長い連載、お付き合いいただきありがとうございました。これからも、こまめに更新するようにしますので、また、のぞいてみてくださいね(^0^)

| | トラックバック (2)

ファッションショーレポート vo.5

POISONING FASHION SHOW vo.4

LEVEL CREATION

ファッションショーレポート第五弾です(^0^)

前回は、will ful で終わりましたね。

引き続き、5ブランド目は、PEGGY's boutiqueです。

オーケストラワルツに合わせて、静かに登場です。白を基調にしながら、独自で染められたニット系の、幻想的なお洋服で、まるで、森の妖精みたいでとてもステキでした。デザイナーの荒川氏は、私の音響の隣で、照明もやっていました。4プラの7階にて「PEGGY's boutique」のショップもやっていますので、ぜひ遊びに行って見てくださいね(^_^)

続いて、6ブランド目は、chocolat!です。

ミディアムテンポのエレクトロニカが、真っ暗な会場に響きわたる中、モデルさんたちが、自分たちで持っている小さな光を頼りに、静かに登場。こちらとしては、「え?よく見えない、どんな服着てるんだろう?」という心理をかきたてられ、これまたステキな演出でした。白を基調にした、名前のとおり、甘めのかわいらしい服でした。モデルさんのウォーキングもそろっていて、とてもよかったです。こちらのデザイナーの、みーともさんも、ご自身でモデルとして出演していましたよ。やっぱり、自分が着たいと思うものを作るってのが基本だよねー。私も、自分が歌いたい曲しか作れないもんねー。当たり前か。

続いて、7ブランド目は、LNSです。

こちらの曲は、ちょっと凝っていて、3曲をつなげて編集してありました。服は、白を基調にしてるロリータ系のデザインで、音楽も♪チムチムリー、チムチムリー♪の歌を、外人さんがカバーしてるという、ノスタルジックで不思議系で、いい感じが出ていました(^_^)

ということで、今日のところは終了。

| | トラックバック (1)

ファッションショーレポート vo.4

POISONING FASHION SHOW vo.4

LEVEL CREATION

ファッションショーレポート第四弾です(^0^)

前回は、1ブランド目のFetish&Lolitaで終わりました。

続いて2ブランド目は、HiFai☆HERO'S!!!です。

パイプオルガンのイントロから始まって、マリリン・マンソン系のヴィジュアルバンドの激しめロックに合わせて、ロリータ系の女の子(モデル)たちが登場です。スーパーラバーズに近い感じのお洋服で、途中で、着替えるというパフォーマンスも見せてくれました。大きな唇をスカートにぶら下げているのが印象的でした。あれは、ストーンズのマーク?

続いて3ブランド目は、magic ironyです。

アコースティックなロックナンバーに合わせて、モデルさんたちが登場。ここは、黒が基調になっていて、唯一、男女両方の洋服が披露されました。曲の途中から、アップテンポに切り替わり、さらに盛り上がりを見せてくれました。人数も多く、それぞれ個性的で、パフォーマンスも素晴らしく、服もかっこよくて、とても楽しめました(^0^)

続いて4ブランド目は、will fulです。

軽快なテクノポップスで登場。これまでは、割と、黒が基調になっているブランドが続いたのですが、ガラッと変わり、白で、柔らかい女の子らしい服でした。こちらは、姉妹でデザインしていて、モデルとしても出演していました。

ということで、今日のところは終了。

| | トラックバック (0)

ファッションショーレポート vo.3

POISONING FASHION SHOW vo.4

LEVEL CREATION

ファッションショーレポート第三弾です(^0^)

前回のレポも、今から盛り上がってきた、いいところで終了しましたね。

それが作戦です(^_^) (ほんとかよー?)

前回は、オープニングのプロモのところで終わったんだよね。

で、オープニングの次は、一瞬の沈黙があり、ナレーションに突入です。ナレーションの詞は、私が担当したことは、何度かふれていましたが、ここで登場です。バックの曲に合わせて、詞を朗読していくという感じなのですが、バックの曲も私の曲で、ライブでもおなじみの、Baby Pearlをアレンジしたものの上に、LEVEL CREATIONの詞をのせたって感じです。

どんな感じか?気になるでしょー?

でも、今日のところは、ひかえておきます。

でも、ちょっとだけ・・・

・・・変えるために 壊すのが好きな僕たち・・・

・・・刃物を振るうことを 革命と信じていた(REBEL CREATION~反乱的革命~)

  でも ここにしかない 

  この胸の中にしかない(LEVEL CREATION~向上的創造~) ・・・

ってな感じですわ。

そして、いよいよ1ブランド目の、Fetish&Lolitaです。

80年代のアップテンポのナンバーでモデルさんたちが登場。ここの服は、黒と赤が基調になっていて、ボンテージっぽかったり、まさにロックスター!!って感じで派手派手で、とーってもかっこよかったよー!しかも、かわいくてセクシー。まさに、私好み。ですが、どう考えても私じゃ着れません

| | トラックバック (1)

ファッションショーレポート vo.2

POISONING FASHION SHOW vo.4

LEVEL CREATION

ファッションショーレポート第二弾です(^0^)

そーいや、考えてみたら、今回のレポートって、いつものライブのレポと違い写真が載っていない!!ことに、今気がつきました!!!遅すぎ!?

いやいや、それにはちゃんと理由があるのです。

ショー自体、写真撮影が禁止だったのです。たとえ関係者でもね。

入り口は暗幕で塞ぎ、完全に外からの光をシャットアウトしてあり、ショーの最中は、完璧に計算された照明のみが許されているので、途中入退場もなく、ショーを見ることに集中できるようになっていました。

だけど、写したかったなー。すごい、かっこよかった、素敵だったからさー。見れなかった人は、ほんと残念。

ということで、写真なしで、臨場感あふれるレポートにしていきたい(*_*) と思います。

ショーのオープニングは、プロモーションビデオがトランスの音楽に合わせて、スクリーンに映し出されます。過去3回のファッションショーの映像や、裏方の風景などが、記憶の断片のように、フラッシュバックしていく・・・といった感じです。かっこいいしょー!このプロモをはじめ、ショー全体の映像を制作したのは、あとでも出てくるけど、アナログレッドストアのあっちんです。ちなみに、私の曲Synchronizationのプロモも作ってくれました!!これも、かっこよいのよー。今度機会があったらちょっとだけ公開します。できたらね、気が向いたらね(^_^)(怠慢だろー!)

ということで、第二弾、終了。

また次回まで、お待ちください(^0^)

| | トラックバック (0)

ファッションショーレポート vo.1

POISONING FASHION SHOW vo.4

LEVEL CREATION

お待たせいたしました(^_^)

9/29(土)に行われたファッションショーのレポートです。今日から、何回かに分けて載せていこうと思いまーす。

 場所は、4プラ7階(自由市場の階)にある、4プラホール。今回、私はナレーション作成と、エンディングソング提供と、当日の音響を担当させていただきました。音響は、ミキサー卓をいじってる人、わかりますよね?あれです。

普段私は、自分のライブでも多少は機械をいじったりしますが、音響一筋というのは、初めてだし、他の人の曲を管理するっていうのも初めてだったので、かなり緊張しました。

家でCDを聴いた時と、会場の大音量で聴くのとは、音の印象がけっこう違うものもあったりして、「あ、こんな音入ってたんだ!」とか色々発見もありました。

音調整ってほんとに難しく、耳がよくないとできないんだよねー。私ごときがやったのは、ほんとチャレンジャーだったと思うよ。

本物のPAさんってすごいなーとつくづく思いました。いや、私がニセモノってわけじゃないんだけどね(^0^)

で、ナレーションっていうのは、ショーが始まる前に、字幕がスクリーンに映し出されて、音楽に合わせて、今回のショーの主題でもあるLEVEL CREATIONの詩の朗読が入るのですが、その詩も書かせていただきました。

それと、私のライブなどでもおなじみの、Synchronizationがショーのエンディングに、プロモーションビデオにして流していただきました。かっこよかったさー!制作してくれた、あっちん、ありがとー!!

 ということで、とりあえず、レポ一発目はおしまい。

次回からは、ショーの中身を少しずつえぐっていきますので、

お楽しみにー(^_^)

| | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2008年1月 »